Vol.00

Health Documentary-FreeStyleリブレ-

先週のコラムで紹介した「FreeStyleリブレ」。食べたものに応じて変化する血糖値をスマホで24時間リアルタイムに確認できるデバイスです。
食事により、血糖値が急激に上下すると、眠気に襲われたり、集中できずぼーっとしてしまったり、逆にイライラを感じたり、体が重たく感じたりします。

こういった状態が続くと、将来的には糖尿病や心血管疾患や視覚障害など大きな病気につながる可能性も高まります。

今回Blue Sixの女性スタッフ(30代中盤〜40代前半)が実際に2週間試してみて、どんな結果になったのかを紹介したいと思います。(目安として、食事後の1時間前後で140mg/dl以下、食事前や就寝中で70~130mg/dlとされています)


まずは、40代前半のデザイナー。
朝のおにぎりとお味噌汁は欠かせないという生活スタイルで、朝食後に血糖値が上がっていますが、基本的には正常値範囲内。正常範囲を超えた日の特徴はハンバーグ定食の日。どうやら、ハンバークのつなぎに使われているパン粉(小麦粉由来)に反応した様子。

ご飯は体に合うようですが、小麦粉はご飯より血糖値の反応が高く出る体質のようです。

続いてこちらは40代前半のオフィスワーカー。
比較的3食バランス良い食事を心がけているのですが、気になるのは血糖値が低めな状態が続いているということ。食べた時は血糖値が反応するので、グラフの高低差が激しくなっています。

また、寝ている最中に低血糖の状態になっているので、眠りが浅かったり、脳が適切に休めていない可能性も……。


血糖値が高いことを気にする方は多いですが、実は血糖値が「低すぎる」のも問題なのです。脳や体に適切にエネルギーが供給されない状態になるので、集中力の低下だけでなく、めまいや頭痛といった症状を引き起こすこともあります。

見た目や普段の健康診断では何の問題もなく、食べ物の合う合わないといった自覚症状もない人。グラフを目にすることで、体との向き合い方を改めたスタッフも。

個人的に気になったのは、体に合わないだけでなく、普段食べるのを控えている食材をとった時、血糖値の反応が大きく出るということ。

私は体重調整のためにファスティングを時々取り入れているのですが、面倒になり回復食を飛ばしてしまうことも。実はこれ危険なのかもと今回の結果を見て思いました。

 


女性であれば、ファスティングで体重調整を行う方も少なくないと思いますが、ファスティング前の準備食を飛ばしたりといった自己流スタイルの方は、実は血管が悲鳴をあげているかも!

体の声を聞いてみる、というのも自分の健康を考える上では大事なことだと改めて感じました。

Other stories

News letter

毎週日曜日に配信する、ライフマガジン。
あなたの日常をアップデートしてくれる
刺激あるトピックスをお届けします。