Vol.24

HOW TO? KETO Coffeeの楽しみ方

健康産業ではいつも世界を一歩リードしているアメリカ。5〜6年前から「KETO Coffee(ケトコーヒー)」が人気です。

これは、バレットプルーフ社のCEO、デイブ・アスプリー氏(シリコンバレー式、最強の食事で有名に)が広め、カリフォルニアの健康好きの人達が飛び付きました。

健康とパフォーマンスを最適化するツールとしても提案されているケトコーヒー。MCTオイルやグラスフェッドバターといった高品質の高脂肪成分をコーヒーに混ぜることで、普通のコーヒーがエネルギードリンクに変身するのです。
(KETO Coffeeは、神宮外苑のBLUE SIX COFFEEで飲むことができます!)

そして、飲むタイミングも重要です。

①朝食前や朝食代わりに
空腹感を抑えながら、体内でケトン体生成を促進できます。
この使い方が1番多く、ダイエット効果も期待出来ることが広まった要因でもあります。

②運動前
MCTオイルはエネルギーレベルを高める効果を期待できます。
良質な油をエネルギーに変えるのがケトン体ですから!

③仕事や勉強の前
集中力を高めたい時や、長時間集中が必要な作業時の前に摂取することで、脳のエネルギー源としてケトン体が活躍します。

④おやつがわりに
何かを口にしてしまう前に、ケトコーヒーで一息つくことで、空腹感を満たし、低糖質・高脂質の食事スタイルをサポートしてくれます。

⑤夕食後
MCTオイルは消化を助け、グラスフェッドバターは胃腸の健康をサポートする効果があるので、食後の消化を助けてくれます。就寝前の消化不良や胃もたれを防ぐことができます。

このように、ケトコーヒーはライフスタイルに合わせ、パーソナライズできるドリンクなのです。ケトコーヒーの効果を感じるには個人差がありますが、飲んでから30分〜1時間弱で効果を感じられる方が多いようです。

僕は、朝食代わりにKETO Coffeeをよく飲みます。ダイエット目的であれば、KETO Coffeeか、プロテインを朝食として取っておくのは、腹持ちも良いので助かっています。
前の晩に食べ過ぎてしまった時は、MCTオイルが消化を助けてくれている感覚を感じていますし、空腹で午前中の仕事が手に付かない、ということを避けられます。
コーヒーのカフェインは抗酸化作用があり、記憶力・集中力向上にも作用しますし、糖分過多のものを食べた後に襲ってくる眠気と戦う必要もなくなります。
コーヒーに、MCTオイルやグラスフェッドバターを組み合わせることで、生活に新たな楽しさと、効果を得ることが出来ます。

Find your own standards!

Other stories

News letter

毎週日曜日に配信する、ライフマガジン。
あなたの日常をアップデートしてくれる
刺激あるトピックスをお届けします。